2013/01/09

AKiLA "The spirit of solitude"

OVERDESIGNのモデルも努めてくれているサーファーでありミュージシャンのAKiLA氏の新作
 "The spirit of solitude" feat. Yosuke Onuma」がいよいよ販売スタートです。
前作に引き続き最高の仕上がりになっています。
皆さんも是非!!

ご購入はこちらから↓





AKiLA / アキラfeat. Yosuke Onuma "The spirit of solitude"
FTBR-1201
 
1 Balcony after the Rain
2 逢いたくて
3 Stay Alone
4 Kumagawa -I ♡熊川 -
+ Bonus track
 
【Making Story】
1996年〜2009年 No End Why, Fly☆81のバンド活動を経たAKiLA自身初のソロ作品 STARTING OVER AGAINを
2010年7月 フタバレコーズより発表し波と音の全国ツアーを敢行。
翌年2011年1月からは、あのHi-STANDARDのフロントマン 難波章浩-AKIHIRO NAMBA-BANDのギタリストとして
メンバーに加わり、難波章浩パンクロック解禁、Hi STANDARD復活、AIR JAM2011開催までのプロセスを支え、
2012年7月 坂本龍一氏の主催する NO NUKES 2012@幕張メッセを最後に難波バンドのステージを降りる。
ルーツであるパンクロックに従事していたその間もソロ活動はスローペースながらも試行錯誤を繰り返し
2012年5月から8ヶ月の制作期間を経て待望の2ndEP "The spirit of solitude"を完成。
 
波乗り友達でもありパプアニューギニアを共に旅したJAZZギタリスト小沼ようすけ氏を迎えた今作品のサウンドは
まるで同じ海、同じ波でサーフィンしているような感覚へと惹き込まれる。
ギターと唄のスペシャルなコラボレーションで全ての楽曲を心地よく聴かせてくれている。
 
アートワークを手掛けるのは生まれながらに画家の父親を持ち、絵の道をひた走るサーファー画伯・山本拓也氏。
一貫して聴く人の心を内観の旅へと誘うようなAKiLA独自の作風と刹那的な世界観を
見事に描写した深い味わいと哀愁あるジャケットが今作の完成度を更に引き上げてくれている。
 
他にもサーフ好きなピアニストGEORGE NAGATA氏やシェイパーでありJACSON884のTRACK MAKERでもある
BEN WEI氏がゲスト参加し、サーファー&エンジニアの黒井伯武氏によってレコーディングはコンプリート。
Only a surfer knows the feelingなバイブレーションを惜しみなく詰め込んだ 2nd EP "The spirit of solitude"が完成。